リサイクル預託金−中古車査定・相場情報!
リサイクル預託金


 リサイクル預託金とは、2005年(平成17年)1月1日から施行されたリサイクル法によって定められており、自動車が廃棄処分される際に必要になるリサイクル料金(処分料)を前払いすることを言います。
 リサイクル料金は、自動車を解体した後に残るゴミであるシュレッダーダスト、エアバッグ類のリサイクルとカーエアコンのフロン類を破壊するために必要な料金です。

 リサイクル料金は、原則として新車購入時または継続検査時に所有者が払います。
 車を売却した場合には、新しい所有者から、リサイクル券と引き換えにリサイクル預託金の相当額を受領するシステムになっています。 つまり廃棄処分となった時点の最終的な所有者が負担することになるのです。

 リサイクル料金はシュレッダーダストの発生見込量、エアバッグ類の個数や取り外しやすさ、フロン類の充てん量などを踏まえ、自動車1台ごとに自動車メーカーなどが設定しています。
 その金額は大よそ6,000〜18,000円程度です。



★中古車無料一括査定サイト
【カービュー】
↓中古車無料一括査定↓
中古車査定サイト


★一社の査定だけでOKなら
【ガリバー】
↓無料中古車査定↓
オンライン自動車査定



Copyright(C) 2009
中古車査定・相場情報!

リサイクル預託金

携帯アクセス解析